こんなに安いの?!現代新書が送料無料でなくてもお買い得な価格!

発達障害当事者です。今までに行われてきた発達障害者に対しての治療と!その結果をまとめた本です。なかでもブランケンブルクの症例アンネ・ラウも自閉症スペクトラムだったのでは!というくだりを読んで愕然としました。

いまオススメの商品♪

2018年01月15日 ランキング上位商品↑

現代新書発達障害のいま (講談社現代新書) [ 杉山登志郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

そのせいか!どうも1つ1つの症例について端折って説明されており!詳細にはあまり触れられていませんでした。事例にある発達障害の連鎖のようなもの、またどういう訳かお互いに引き合ってしまう運命みたいのがやるせないです。「発達凸凹」という捉え方がこれからのスタンダードになっていくのだと思います。EMDRは、心理臨床の専門家がきちんと学会の講座を受講して施術の資格を得て実行して初めて安全に実施可能なのです。いやー、考えさせられる。本書は!解明途上の発達障害の原因!発達障害を重篤にするトラウマなどの外的要因!自閉症スペクトラムと類似の症状を作り出す虐待の影響!発達凸凹(軽度の自閉症スペクトラム)と虐待が相乗した時の恐るべきインパクト!虐待の世代連鎖!そしてその解決が困難であれ不可能ではない事!現在試みられている具体的治療法!発達凸凹者(2E)の秘める可能性など!まさに「発達障害のいま」を横断的に解説しています。杉山博士の最新書です。ここで本書に登場するトラウマ治療の技法「EMDR」について少し突っ込んで触れておきます。つくづく愛知県の人がうらやましい。なお、EMDRは患者本人にとっての施術上の苦痛も少なく優れた治療法ではありますが、他の治療法と同じく万能ではありません(=中には効果が薄いケースもある)。その読みが正しければ私も確実に統合失調症でしかも自閉症スペクトラムです。が!素人が安易に技法の表面だけ真似て自我を守るために無意識に封印されていたトラウマ記憶を開放してしまった場合!対処できずに状態を悪化させてしまいます。プロの治療現場であれば!防御的に忘却されて心の深層に埋もれていた古いトラウマが表面化しても!それをも治療することで完治に向かうことができます。特別支援学校卒なのに大企業に就職できるなんて他県ではありえるんでしょうか。発達障害とは何かを知るにはとても良い本ですが、具体的にどうすれば良いのかについては他書を読まれることをおすすめします。その人にあった効果のある治療法を求めてトライ・アンド・エラーが生じるのは仕方ない側面もあると思います。最悪の場合、自殺につながるような事態もありえるため、臨床の資格と技能を持たない人は決して真似すべきではないのです。その場合、「発達障害の子どもたち」など著者の他の本を先に読まれるとより理解しやすいかと思います。ただ、他の方も触れておられますが、基礎知識なしで読むと難しいかもしれません。。早いうちから発達障害について理解することが児童虐待などに繋がることを防げるように思う。最近気になっていた中味を知らない言葉「発達障害」。著者は発達障害自閉症スペクトラムではなく!すべての精神疾患スペクトラムとして広めたいようです。EMDRは優れたトラウマ治療技法ですが!トラウマの治療はどんなに優れた技法でも!表面に現れた問題の背後に隠れた更に危険なトラウマ記憶を呼び覚ますリスクと隣合わせです。そして,もっとも深刻なのが「虐待」の問題。凸凹障害とか全貌が少し分かりました。親子なのにどうして…と思わずにはいられません。親子で発達障害の場合とか!ほかの精神疾患との併発にも触れています。