現代新書を徹底比較し厳選 |

きっとスッキリし藤田さんや武豊さんを応援するでしょう。そうそう!ミルコがJRA騎手免許受験をして通年日本で騎乗するようです。読みたい本だったので!お得に購入出来て良かったです。

早速ご紹介!

2018年01月15日 ランキング上位商品↑

現代新書騎手の一分 競馬界の真実 (講談社現代新書) [ 藤田伸二 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

JRAに改革を願う一人です。武豊の後継者は!彼だと思っていたのに!最近は余り勝っていないので!不思議に思っていました。競馬は!TV観戦が主です。ただし!ありきたりの自伝のような感じで収まることなく!本当に欄外解説がていねいですから!軽く読み飛ばしたら直ぐに読めるものでない作りになっているところは評価すべきだと思います。『世代間の意識の壁・技術伝承の断絶・あうんの呼吸が伝わらない』等々、今の組織が抱える問題点が騎手の世界でも同じように存在していることが明らかにされています。結局は賭けごとに勝つかどうかだけなんですけどね。店頭で見かける前に手に入れられうれしかったです。非常に読みやすく、今までメディアに出ない競馬の情報を知ることができ、とても面白かったです。それが、ダービーで武豊に贈られたファンの大声援による盛り上がり、安田記念での岩田への無反応に如実に表れています。暴露本?になるのかな?彼らしいストレートな文章表現で良かったです。この本は、面白いと同時に競馬界の理不尽さを知りました。これだけ売れているということは!皆現状に不満を抱いているのかなと思います。今年の東西リーディングの状況を見ても、今後が不安ですね。 驚いたことにこの類の本にしては珍しく、競馬に関する初心者が読んでも欄外での解説がとにかく充実しており、置き去りにされることがないのがポイントです。個人的に好きだった田原騎手!大嫌いな岩田騎手も的を得た内容でしたのでよけいおもしろかったのかもしれません。競馬のことがとっても面白く書いてあってよかったです。 絶頂時の藤田騎手を知るファンとしては「今の俺はあてにされていない」というメッセージには寂しさも感じますが、義理人情を重んじる藤田騎手の思いと今のドライな競馬界の現状をぜひ知って欲しいと思います。全く店頭で見当たらず、ネットでも在庫がなく、チョコチョコチェックして、こちらにたどりつきました。一気に読み切りました。。朝日新聞の紹介で掲載されていたようで、母の代行買いでした。競馬を違う角度から見ることになりそうです。男・藤田の本だったので買ったのですが、今の競馬界の真実が色々とわかり、さすが 男・藤田 とは思ったのですが、鞭を置くのを意識している 男・藤田 を見たくなかったっていう感想もありました。彼だからこそ書けた本だと思います。藤田騎手の今の競馬界に対する正直な気持ちを書いた本です。競馬ファン必見だと思います。組織論と言うと少々大げさですが、そういった観点からも面白い本だと思います。お勧めです。競馬ファンとすれば必見の書になるのでしょう。競馬をギャンブルだけではなくロマンや夢を語れる人に読んでほしいです。エージェント公認!外人騎手!大手馬主等の問題に一石投じています。ゴルフ、相撲同様に門戸を開放して乗っ取られないようにしてもらいたいものです。騎手間の人間関係やらJRA組織やらがなるほど、ふ〜んそうなのという感じで楽しく読めました。あと、ある有力馬主との確執の章を読んで、そういうことだったのか〜って、思わずニヤリとしてしまいました。しかしながら!ある種の自己啓発本と考えるとスティーブ・ジョブズもの!松下幸之助!「7つの習慣」!ドラッガーやナポレオンヒル等!より有名なものがありますから!競馬ファン・騎手ファンでないと思い入れはそう強く出ないような気がいたしました。